人の美容や健康に直結する「食」の分野のプロを目指すのが調理系専門学校です。
調理の仕事には、料理を行う調理師の他、製菓を専門に行うパティシエ、パン製作専門のパン職人、少し変わったところでは和菓子専門の職人などといったものがあります。
これらはどれも一度修得をすればなくなることもなく、また陳腐化していくこともない長年役立つ能力となるので、一生の仕事にしていくことや将来独立をすることも可能です。

また、最近では子供の食に対する知識に問題が出てきたということで「食育」を行うための栄養士や管理栄養士といった仕事にもニーズが高まってきています。
大人向けでも、健康維持や生活習慣病改善のために栄養士・管理栄養士が食生活アドバイザーとなって指導を行う教室も各地で行われているので、そうした栄養学の分野から食に関わっていくということもできます。

調理師専門学校

中でも最も人気が高いのは調理師専門学校です。
日本における調理師のレベルは世界的に高く評価されており、ミシュラン東京版でもかなりよく書かれていました。
ジャンルを問わず優秀な料理人が国内には多数存在しており、世界有数の味と安全にこだわった料理の国となっています。
調理師免許を取得するためには、調理師養成学科で1~2年学ぶことで別に試験を受けなくても得られます。
調理師免許を取得することそれ自体は決して難易度の高いものではないのですが、その後就職をしたあとで収入を伸ばしていくのはかなり実力が伴わなければ難しくなります。
有名レストランや料亭などで何年か勤務をしながらシェフを目指していくことでかなりの高収入を期待できますが、修行時代の数年はかなりの低収入を覚悟しないといけない場合もあります。
安定性を望むのであれば、給食センターや学食など定期的に食事を提供する業務を行う場所への勤務をするのがよいでしょう。

パテシエ・パン職人

女性に人気が高いのがパティシエやパン職人の仕事です。
料理と並んで日本の製菓技術はかなり高いものとなっていますので、やはりこちらもかなりの実力がないと有名パティシエと呼ばれるまでにはなれないようです。
就職先としては洋菓子店やホテルレストラン、製菓メーカーなどがあります。
調理師もそうですが、パティシエの場合は調理技術だけでなく見た目のデザインもうまくできないといけません。
多くの専門学校では製菓科と製パン科を分けずに一体的なカリキュラムで行うようにしていることが多くなっています。

フードコーディネーター

実際に料理を作る仕事の他に、料理の知識を生かした「フードコーディネーター」という仕事を目指す方法もあります。
フードコーディネーターとは、テレビの料理番組や広告などの料理写真を作るための仕事です。
テーブルにどのように飾ればよりおいしく見えるかといったビジュアル面での管理がメインとなってきます。